12月 292008
 

カミさんが厄払いに富士山を拝みたいというので,房総の富山(とみさん)に出かけた。5年前にここからすばらしい富士山を見たことがある。それに「番屋」での旨い魚も忘れられない。今回は木更津から先の立山道も完成していたので11時前には鋸南富山ICの下の富楽里道の駅に降り立ってしまった。食料を調達している間にお昼時になってしまったので,先に保田の「番屋」で昼食をとることに予定変更。

混ではいたが待つほどなく席がとれた。カミさんは海老穴子天丼,自分はイカかき揚げ天丼を注文し,加えて刺身とイナダの煮付けを頼んだ。かき揚げ天丼は下の飯がなかなか見えてこないほどのボリュームたっぷりだ。刺身も煮付けもプリプリだ。やや食べ過ぎでパンパンになった腹を減らすべく富山ハイキングに向かった。

RIMG0004.JPG RIMG0005.JPG RIMG0003.JPG RIMG0006.JPG

南総里見八犬伝で有名な伏姫籠崫に車を停めて歩き始めた。ここにはすでに梅がほころんでいる。

RIMG0027.JPG

林道と階段をあるくこと小一時間で標高350mの富山の北峰に着いた。が,残念ながら西の方角は霞んでいて,期待した富士山は見えない。持参したミカンを食べながら小休止して元の道を下山することにした。

RIMG0018.JPG RIMG0019.JPG RIMG0020.JPG

ふたたび道の駅にもどり,近くの水仙を愛でにいくことにする。菜の花も咲いており,房総はすでに春の装いだ。

RIMG0031.JPG RIMG0028.JPG RIMG0030.JPG

カミさんの今年の厄は落ちただろうか。

  2 Responses to “富山ハイキング”

  1. 山手の木々さま,コメントありがとうございます。深慮遠謀も上手くいかなかったようです。が,心はともかくも腹は満たされたようです。
    山手の木々さんのお仕事も来年はより一層大変になりますね。なにはともかくもご自愛ください。よきお年を。

  2. なぬ、房総からの富士山遠謀ですか。横浜より遠いではないですか。こちら横浜からも今日は良く富士山が見えました。しかし、写真に撮ると、小さくて、また空との明度差が少なく鮮明に写りません。やっぱりもうちょっと近くに行かないときれいに撮れませんね。

    ともあれ、奥様の厄が落ちたことを期待しつつ、Biking blogさまと 奥様の新たな年のご健勝をお祈りいたします。

    また新たな旅へ Bon voyage!!

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*