12月 252011
 

取手サイクルクラブ恒例の年末行事の取手グランプリだ。今年はクロモリのレーサーにノーマルホィールを履かせて,50×15Tの装備で臨んだ。与えられた車番は5番で5車立てのS級でのレースとなった。スタート前にはレースは4周回であること,2周半で誘導は離脱,無理な割り込みや競りはしないようにとの注意があった。それは当然ですよ,何せお楽しみレースなんだから。

IMG_0004

一番外側からの出走で,そのままに最後尾に付いた。

IMG_0005

今年の誘導は昨年ほどは速くなかったが,自分にとっての今季初めてのケイリンなので,どうも車間が詰まったり空いたりだ。

IMG_0007

ヘルメットにカメラを着けたレーサーが最後尾に付けているのが邪魔くさい。

IMG_0008

2周回を過ぎて第2コーナーから踏み始めて前に出ようとしたら,何と皆さんも踏み始めるではありませんか。思い切って前に出ようとしたものの,入れる余地はない。無理せずに元の最後尾に戻り最終回を回ることにした。

IMG_0009 IMG_0010

それでも第4コーナーで一人を交わた。さらにホームで一所懸命に踏むが,アレレッ50km/hから伸びない。頭は前に行こうとするのだが脚が付いてこないヨ〜〜。そのまま刺しきれずに4着でゴールとなった。50×15Tでは重かったか,それともこれが実力か。

IMG_0011

一昨日の風の強い日に小貝川の堤防で49×16Tのギアで1kmを走ったときに,追い風にも関わらず,まったく走れなかった。「明後日はコリャ駄目だな」がそのまま現実となった。1週間前はヒルクライム&ロングライドと朝練でのスピード練習で好調だったが,今週になってコンディションは下りっぱなしになった。地脚のトレーニングばかりでは,やはり駄目かな。

  4 Responses to “2011取手グランプリ”

  1. おひさしぶりです。
    S級5名は少し寂しいですね・・

    2月26日に友人もつれて久しぶりに練習に行きたいと思います。

  2. 「バンクが重い」または「軽い」という表現ですが、気象も体調もギヤも変わらないのに、体への負担が「ちょっと違うぞ」と感じることがありませんか?
    そういった感覚のことです。

  3. バンクが重いってどういうことですか。風が回ってどこも向かい風とか,走路が荒れていルとか位の理解の程度ですが。
    第4コーナーから行けると踏んだんですがね(気持ちもペダルも)。

  4. お疲れ様でした。
    当日は、大変お世話になり、ありがとうございました。
    バンク、重かったですよね。
    最終2センターで着は決まっていたと思います。
    誰も伸びていませんでしたよ。

    あのカメラ車は、どちらからの差し金だったんですか?

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*