4月 292011
 

息子1号と孫2号と益子町の雨巻山に登った。ここは2003年11月にカミさんとハナ(犬)と登っているがそのときの記憶は殆どない。女子会(カミさん,嫁,孫3号)メンバーは益子陶器市に行くというので真岡駅で降ろして野郎会は10時半に大川戸登山口に降り立った。

IMG_0001 IMG_0002

まずは三登谷山を目指して登りを開始した。孫2号は幼稚園の年長さんだが,息子1号の薫陶を得てすでに筑波山や古賀志山に登っている。大人は孫のペースに合わせて,トウゴクミツバツツジが綺麗に咲いている路をゆっくりと登っていく。

IMG_0005 IMG_0006 IMG_0007

50分ほど登ったところで433mの三登谷山に到着した。孫は下ってきた登山者に「偉いね〜」などと褒められてちょっと良い気分のようだ。

IMG_0011

「あの赤い花はヤマツツジ」とちょっと博識ぶりを披露しながら登っていく。このペースだと雨巻山は1時半を過ぎそうなので途中でお昼をとることにした。メニューは「まるたい棒ラーメン」とカミさんが作ってくれたお握りだ。

IMG_0013 IMG_0020

息子1号はハイキングギアに凝っていてハイドレーションバッグから水を飲んだりしている。この雨巻山も何度も訪れているそうだ。それも単独行で。

IMG_0021

山頂間近の岩の道を孫2号が登っていく。

IMG_0024

登ること3時間ほどで533mの雨巻山の頂上に着いた。この時間帯では霞がかかっていてそれほど展望がきかない。息子の談によると朝早いと富士山や東京スカイツリーがみえるそうだ。息子が持ってきたセットで淹れてくれたブラックコーヒーをご馳走になる。そういえば今日はお約束のビールを持ってこなかった。

IMG_0033 IMG_0029

近くの展望台に上ると旧岩瀬町の向こうに筑波山が見渡せた。この展望台の脇にはエンレイソウが保護されていた。

IMG_0036 IMG_0037 IMG_0039

下山は,孫が疲れてきたようなので易しいメインコースを降りることにした。孫は,疲れているかと聞くと「だいじょうぶ」と答えるものの,何回トンクスッテンコロリンを体験した。下山し始めて1時間ほどで林道に至り,さらに40分ほどで駐車場に戻ってきた。

IMG_0042 IMG_0044 amamakisan_0046.JPG

このあとで女子会をピックアップし,ふたたび大川戸登山口にある,息子がいつも気になっていた喫茶店を訪ねた。大人は自家製のパン・ベーコンのサンドイッチを食べ,孫達はハンモックに興じた。

IMG_0050 IMG_0057 IMG_0049

今日の行程は7.8km,5時間20分であった。

amamakiyama_map amamakiyama_alt

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*