8月 192010
 

孫1号,4号を預かったので県立自然博物館の恐竜観察に出かけた。いつものように最初にマンモスがお出迎えしてくれる。

RIMG0002 RIMG0005

孫4号は動くティラノサウルスが苦手のようであ〜ちゃんに抱きつく。孫1号はそうでもなさそう。でも,化石の恐竜よりもモニター画面に出るクイズで満点を取る方が面白いようだ。

RIMG0009 RIMG0015 RIMG0016

孫1号は人類進化のドリォピテクスの段階に自分が当てはまっていると指さす。はて,何をもって? 体のサイズだろうか。

RIMG0019

生物多様性の展示もあまり興味なさそう。

RIMG0026

野外施設に回ってみるものの植物などにはそれほど興味を示さない。水の広場のほうから子どもの歓声が聞こえてきた。噴水の周りに子どもたちが群がっている。持参した水着に着替えて孫たちは輪の中に入っていく。ミズゴケでスッテンコロリンと滑るにも関わらず,キャッキャと叫びながら遊び回る。

RIMG0032 RIMG0036 RIMG0040 RIMG0041 RIMG0039

木立のなかの噴水と水路はあまり自然と調和してないようだが,ここで遊んでいる子どもたちにとっては本館の宇宙よりも恐竜よりも輝いた顔をしている。本館よりもこちらの方が面白いものなのだろう。

RIMG0051 RIMG0046

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*